顔汗を止める方法はツボ押し?安定剤?瞑想?仕事もプライベートも上手く行かない酷い顔汗を今すぐ止める対策法とは

顔汗を止める方法はツボ押し?安定剤?瞑想?仕事もプライベートも上手く行かない酷い顔汗を今すぐ止める対策法とは

顔汗を止める方法を今すぐ知りたい人へ

女性の悩みランキングでも常に上位の「顔汗」、出てきてほしくない時に限って「ダラダラ」と止まらなくなる経験をした人も多いのでは?

もしかするとあなたも突然、滝のように流れ出てくる「顔汗」を今すぐ止めたいと思っていませんか?

顔汗対策クリームが今だけ初回限定980円!
とにかく今すぐ顔汗を止めたいなら要チェック

顔汗専用のメチャ売れクリームはこちら

 

顔汗を止める!顔汗が出て困るから止めたいあなたに

顔汗を止める!顔汗が出て困るから止めたいあなたに

顔汗は出てほしくない時に限って、とめどなく出てきて、止まらない事が多いので、多くの女性が悩んでいます。

顔汗が出る原因を特定することが難しいため、病院に治療しに行ってもすぐに顔汗が止まる治療薬などもないのが現状です。

仕事でもプライベートでも、顔汗が止まらなくなると人格まで疑われたり、心配されたりするので、ホントに良いことがありませんよね。

そんな顔汗が止まらない原因はいくつかありますので、まずチェックしてみましょう。

 

顔汗の原因とは?

悩みを解消したいあなたは顔汗の原因をチェックして

一般的に女性の多くが悩む「顔汗」と言っても原因はひとつではありません。

主に顔汗が酷い場合の原因は下記のような可能性があります。

  • 精神性発汗型多汗や緊張型多汗症
  • 運動不足による顔汗
  • 食事で香辛料やスパイスの摂取による顔の発汗
  • 交感神経の異常による顔面多汗症(局所多汗症)
  • ホルモンバランスの変化による顔の発汗

 

精神性発汗型多汗や緊張型多汗症

精神性発汗型多汗や緊張型多汗症

人前に出て緊張したり、悩みや不安が大きな要因となり、普段よりも発汗してしまう症状のことを精神性発汗型多汗緊張型多汗症と言います。

精神性発汗型多汗や緊張型多汗症の場合、汗が出るのは顔に限らず、脇や手のひら、背中や頭、足などからも発汗する事が多いと言われています。

また、顔汗が気になることでも余計に不安や緊張が出てしまうため、更に発汗する状況になり、顔汗が止まらないという悪循環に陥りやすいのです。

病院に行くと、心療内科や精神科を薦められ、精神安定剤などを処方される場合がありますが、精神薬は脳に作用する強い薬なので、個人的には顔汗で飲むことは控えた方が良いと思います。

精神安定剤を一度飲むと、飲み続けなければ不安に思うような状態になりますので、出来る限り、自分がリラックスできる方法を見つけるか、顔汗専用の制汗剤などを使用して、不安と緊張を解消することが先決であると言えます。

 

運動不足による冷え性と顔汗

運動不足による冷え性と顔汗

運動不足になっていても発汗などの代謝機能が衰えてしまい、汗をかくことに異常をきたすことがあります。

運動不足の状態であると、体内の体温が低くなり、手の先や足の先など身体の末端の部分が冷え性になります。

冷え性になっているところが発汗すると、余計に体温が下がってしまうので、汗をかくことを止めてしまうのですが、その影響で顔や脇などから異常なほど発汗してしまう状態になります。

顔汗が気になる場合、日常の生活に適度な運動を取り入れることも必要になると言えます。

 

食事で香辛料やスパイスの摂取による顔の発汗

食事で香辛料やスパイスの摂取による顔の発汗

香辛料や刺激の強いスパイスが多い料理を食事でとると、体内の血液の流れが良くなり、顔汗が止まらないなど発汗作用を促すことも多々あります。

激辛料理でもおなじみのカレーやキムチ、唐辛子やチゲ鍋などを食べると、顔からダラダラ汗が止まらないのは、香辛料にカプサイシンなど発汗を促進する成分が含まれているからです。

顔汗が気になってしまう大事な仕事のプレゼンや、営業の時、そしてデートの最中など、メイクの崩れまで気になる場合には、辛い食事は控えた方が良いと言えます。

 

交感神経の異常による顔面多汗症(局所多汗症)

交感神経の異常による顔面多汗症(局所多汗症)

意志とは無関係の自律神経である交感神経に異常をきたすと、顔面多汗症(または局所多汗症)という病気になっている場合があります。

原因や治療法など改善策は、まだ確実なものは見つかっていませんが、日常の生活だけでなく、自宅やひとりの時間など、比較的リラックスできる状態にも関わらず顔汗が止まらない場合には、自律神経に異常がある場合もあります。

病院に行くこともひとつの解決策ですが、先ほども言いましたとおり、精神科の薬など、脳内物質を薬でコントロールするようなものは個人的には飲まない方が良いと思います。

 

女性ホルモンのバランスの変化による顔の発汗

女性ホルモンのバランスの変化による顔の発汗

更年期障害などでも顔汗が止まらない事がありますが、これは女性ホルモンのバランスが崩れることで起きる、年齢からくる女性特有の症状になります。

更年期障害の症状として有名な「ホットフラッシュ」と言われる症状で、ホルモンバランスの変化によって突然襲ってくる「ほてり」や「のぼせ」、そして気温や体温に関係なく出る「顔汗」や「全身からの汗」などがあります。

更年期障害でも顔汗が酷い場合もありますが、症状は様々になりますので、気になる場合にはかかりつけの医師に相談することをオススメします。

メイクの上から塗るだけで顔汗ストップ!
今だけ初回980円で顔汗専用クリームが買える?

顔汗専用のメチャ売れクリームはこちら

 

顔汗を放置すると様々なトラブルや危険が

顔汗を放置しておくと様々なトラブルや危険が

顔汗が気になっているのに、何もしないで放置しておくと、いろいろなトラブルや危険に発展することがあります。

 

仕事の時に顔汗が止まらなくなったら?

仕事の時に顔汗が止まらなくなったら?

例えば、ビジネスシーンで考えてみると、大事な仕事の会議や取引先に営業に行った際、相手にメリットがある提案をしている最中に、もし顔汗がダラダラと止まらなくなったら、その商談は上手くいくと思いますか?

どんなに魅力的な提案を伝えようとしても、あなたの顔汗が止まらなかったら、取引先の相手の人は「この人、嘘をついているんじゃないの?」とか「なんでこんなに顔汗かいているんだろう」など気になってしまい、話の内容もあまり入らない状態になりますよね。

たかが顔汗と思っていても、「人は見た目が100%」というドラマがあるように、顔汗が止まらないだけで人間として見た目や印象というのが悪くなる事は確実に起きてしまいます。

 

気になる男性とのデート中に顔汗がとまらなくなったら?

気になる男性とのデート中に顔汗がとまらなくなったら?

更に気になる男性とデートする時にも、顔汗が止まらない状況になったらどうでしょうか?

初めてのデートなど、相手が気になってはいても、まだお互いを知らない時期のデートで、もしあなたの顔汗が止まらなくなったら、相手の男性はどういう風に思うでしょう。

もしかすると「なんで顔汗が止まらないんだろう」「何か焦っているのかな?」「もしかして人に言えない隠し事でもあるのかな?」「自分と一緒にいるところを誰かに見られたくないのかな?」など、相手の男性がネガティブにとらえてしまうかもしれません。

あなたが大好きな相手だとしても、顔汗が酷いあなたを見て、相手の男性がどういう印象を持つのかを想像するだけで怖くなってしまいます。

 

実際に顔汗を放置して対人恐怖症になるケースも

実際に顔汗を放置して対人恐怖症になるケースも

顔汗が止まらない状況を続けていると、他人の目が怖くなってしまいます。

そして恐怖や不安が大きくなるにつれて、顔汗の量はどんどんエスカレートしていくので、もう酷くなると人前に出ることすら怖くなってしまい、最終的には「対人恐怖症」という精神的な病気にまで進んでいくことになります。

これは大人に限らず、中学生や高校生など思春期の女の子にも良くあるケースで、人より多く顔汗をかいているだけで、同級生の女子から「なんか顔汗ヤバくない?」という一言が、心を傷つけ、不登校やいじめの対象になる場合も良くある話です。

 

不安や恐怖で精神安定剤を服用するようになると

不安や恐怖で精神安定剤を服用するようになると

酷い顔汗が止まらないと病院に行くと、原因がわからない場合には精神的ストレスによる顔汗であると言われ、精神科や心療内科に行くように言われます。

更に不安や恐怖によって顔汗が酷くなると伝えると、ほぼ間違いなく「うつ病」などにも処方される精神安定剤を処方されて、そこから脳内物質を薬でコントロールされる生活に落ちていきます。

私の妹も「精神安定剤」を飲んでいた時期がありますので良くわかりますが、精神薬と呼ばれる薬は、自分で脳内物質を作り出すのではないので、精神安定剤を飲まないと不安や心配が大きくなってしまうようで、よっぽどの事がない限り、死ぬまで薬を飲み続けないと不安が取れないという状態になってしまいます。

喜ぶのは製薬会社と通院してくれる病院だけで、精神安定剤を飲んでいる人は、どんどん症状が悪い方向にいくようになっています。

きっかけは顔汗が止まらないという悩みから、どんどん大きくなっていき、対人恐怖症や引きこもり、うつ病に症状が発展してくことも考えると、顔汗を放置するだけで、本当に大きな危険が待ち受けていることに気づきます。

できることなら、顔汗が止まらないという恥ずかしさだけの悩みのうちに問題を解決して、そして精神的な病気になることを何とか食い止めることを考えてみてください。

 

顔汗対策(顔汗を止める方法)とは?

顔汗対策(顔汗を止める方法)とは?

病院に行かなくても、酷い顔汗は止められるってご存知ですか?

ここでは顔汗を止める方法で、やって良いものとやってはいけないものをハッキリ分けてみることにしました。

顔汗を止める薬(市販)は?

顔汗を止める薬(市販)は?

顔汗を止めるための市販の薬はあるのでしょうか?

一般のドラッグストアでは、顔汗を止めるのに有効な市販薬は売られていませんが、医師が処方する医薬品の中には顔汗を抑えるのに有効な医薬品があります。

 

プロスパス(プロパンテリン)│多汗症治療薬

多汗症治療で処方される一般的な薬に、自律神経の働きを抑制して、発汗を抑える作用がある「プロスパス(プロパンテリン)」があります。

プロスパス(プロパンテリン)の効果は、抗コリン作用で消化管の収縮運動を抑制して、自律神経の興奮伝達を遮断して発汗を抑える非常に強い薬になります。

副作用としては抗コリン作用と言われる症状(口の中が渇く、便秘、尿が出にくい、残尿感、目のかすみ、光が眩しい、目が見えにくい)があります。

個人輸入でも購入することが可能ですが、副作用が強い薬なので、医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

インデラル│緊張緩和やあがり症治療薬

緊張やあがり症による顔汗で困っている場合の治療薬としては「インデラル」が効果的になります。

インデラルの効果は、プロプラノロールという成分の効果で、血圧を下げる働きがあり、緊張から来る心拍数の上昇を抑え、不安になる気持ちも抑制する効果があります。

副作用としては、めまいやだるさが症状として出ることが多く、心不全や喘息、冷え性やレイノー症状がある人は基本的に飲むことが出来ない医薬品です。

個人輸入でも購入する事ができますが医薬品ですので、副作用があるため飲まない方が良い薬です。

使用する場合には医師に相談してから服用しましょう。

 

精神安定剤│デパスやエチラーム

デパスやエチラーム│精神安定剤顔汗を止めるための薬として、デパスやエチラームなど精神安定剤を処方される場合があります。

デパスは精神安定剤の中でも、非常に強い抗不安作用があり、筋弛緩作用もあるために不安を取り除き、身体の緊張も抑制する効果があります。

しかし効果が強い分、副作用も非常に強く、デパスを飲み続けると飲まないと不安にかられるようになり、最終的にデパスに依存しなければ何も出来ないような状態にまでなります。

精神安定剤の効果は、脳内物質を薬によりコントロールするため、一般的に処方される医薬品でも依存症になるケースが多いのです。

強い薬ですから、当然のことですが飲み続けることが人体に影響があることには間違いありませんので、顔汗で悩んでいると言っても精神安定剤を服用することはやめましょう。

 

顔汗を止めるのに市販の薬や処方薬はNG

緊張や不安から来る顔汗であれば、寝る前に自宅で20分くらい瞑想して心を落ち着けるという方が、私は個人的におすすめします。

医薬品に頼ってしまうと、精神薬というのは非常に恐ろしい効果がありますので、不安や緊張を取るためなら、自分でリラックスする音楽を流しながら瞑想することが望ましいと言えますね。

 

医薬品に頼らなくても顔汗は止められる!
初回980円顔汗を止めるクリームがおすすめ

顔汗専用のメチャ売れクリームはこちら

 

顔汗に漢方は効果がある?病院はどこに行けば良いの?

顔汗に漢方は効果があるの?
顔汗を止める漢方薬はあるのか、また効果があるまでにどのくらいかかるのかなど、気になる人も多いと思います。

まず顔汗の漢方を探してみると、原因が精神的なものなのか、食事や食生活によるものか、運動不足や肥満によるものなのか、遺伝やホルモンバランスによるものなのか、原因によって飲む漢方薬が異なってきます。

下記の表に、原因別の代表的な漢方薬をまとめてみました。

顔汗の原因 推奨する漢方薬の名称
精神的な場合 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
肥満の場合 防風通聖散(ぼうふうつうさんしょう)
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
食生活の場合 茵陳蒿湯(いんちんこうとう)
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
ホルモンバランスの場合 加味逍遥散(かみしょうようさん)
女神散(にょしんさん)

漢方薬は東洋医学で用いられる治療薬で、原料は主に天然由来の成分で作られた医薬品ですので、西洋医学の医薬品よりも副作用が少ないことでも有名ですが、副作用が全く無い訳ではありません

更に体質改善をもとに飲む漢方薬は、顔汗を止める効果にも非常に時間がかかりますし、保険適用外の漢方薬が多いため、薬代という費用も非常に高く、気軽に続けられるものでもありません。

漢方薬を飲んで顔汗を止めるためには、まず漢方薬を扱っている病院を探すことから始め、定期的に通院して医師に相談をしながら自分にあった漢方薬を見つける事から始めますので、費用も期間も余裕を持って用意できる人にしかおすすめ出来ない方法と言えるでしょう。

 

顔汗を止めるツボを押すと効果あるの?

顔汗を止めるツボを押すと効果あるの?

顔汗を止めるのにツボを押すことが有効であるという話はよく聞きますが、ツボを押しただけで全員に効くということでなく、個人差があることも間違いありません。

実際に顔汗に限らず、多汗症を抑えるのに効果的だというツボはいくつかありますので紹介していきます。

後渓(こうけい)

後渓(こうけい)
出典:http://wakiase-taisaku.com/
後渓(こうけい)は、小指の横の付け根から下に下がり、感情線とぶつかったあたりにあるツボです。

身体の熱を沈めたり、肩こりや腰痛にも効果があると言われていますが、多汗症を抑えるツボとしても有名です。

反対の手の親指や先が丸いペンの後ろなどで横から押すような形で、後渓(こうけい)のツボを押すと効果的です。

 

陰げき(いんげき)

陰げき(いんげき)
出典:http://wakiase-taisaku.com/
陰げき(いんげき)は、小指の付け根から降りていき、手首の折れ目から1.5cm程下がったあたりにあるツボです。

陰げき(いんげき)は押すとしびれるような刺激があり、多汗症を抑えるツボでよく知られています。

身体の体温を下げる効果があるので、熱を下げようとして出る発汗を抑える効果があると言えます。

 

大包(だいほう)

大包(だいほう)
大包(だいほう)は、脇の付け根から指4本ほど下がったあたりにあるツボです。

大包(だいほう)を押すと、身体の発汗を抑えるツボとしても有名で、着物を着ていても汗をかきにくい理由はちょうど帯で大包(だいほう)のツボを刺激しているからとも言われます。

発汗を抑えるだけでなく、関節痛や喘息などにも効果があると言われています。

この他にも、発汗を抑えるツボとして有名なのが「屋翳(おくえい)」、また自律神経のバランスを整えるツボとして「労宮(ろうきゅう)」や「合谷(ごうこく)」があります。

顔汗を止めるツボの効果は、どうしても個人差がありますので、ここで紹介したツボを押したからと言って100%の確率で顔汗を抑えることは出来ません。

 

顔汗を今すぐ止めたいなら顔汗対策クリームで

顔汗を今すぐ止めたいなら顔汗対策クリームで

顔汗を今すぐ止めたいと思っているなら、顔汗専用の制汗クリームが一番効果的と言えます。

制汗剤にはいろいろ種類がありますが、脇汗や身体の汗を抑える制汗剤を顔に使うと、皮膚の薄い顔には刺激が強すぎるため、肌荒れやニキビ、かぶれなどのトラブルが起きてしまいます。

顔の汗を抑えるためには、顔汗専用の制汗クリームを使う必要があるので、間違っても身体用の制汗剤を使用することは辞めましょう。

顔汗対策クリームが今だけ初回限定980円!
とにかく今すぐ顔汗を止めたいなら要チェック

顔汗専用のメチャ売れクリームはこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

kaori Shiraishi

京都府出身、美容ライター。 20代後半で結婚、翌年に出産を経験して、体型を戻すことに苦労する。過度のダイエットで体調を崩したり、リバウンドをしたり、肌荒れが酷くなった経験を元に、健康的な美人を目指す生活を実践。3年かけて出産前の体重を下回ることに成功。その後、肌荒れ改善や独自の美容論を実践して、美容ライターに転身する。