デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果なし?正しいケアの方法は

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果なし?

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果がないって本当?

デリケートゾーンの臭いは、市販の石鹸が原因になっていることは、知っていますか?

あなたが、何気なく使っている市販の石鹸は、実はデリケートゾーンを傷つけているのです!

市販の石鹸で、デリケートゾーンを洗っている限り、いつまでたっても、デリケートゾーンの臭いは無くなりませんよ。

デリケートゾーンの正しいケアは石鹸から!
口コミで話題の【医薬部外品】

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は


デリケートゾーンの臭いは市販の石鹸が原因かも?

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果なし?

デリケートゾーンの臭いは、市販の石鹸が原因で、発生しているかもしれません。

トイレに行った時やお風呂に入る時、つい気になってしまうデリケートゾーンの臭い。

あなたは、きちんとデリケートゾーンの正しいケアができていますか?

デリケートゾーンのケア方法を勘違いしている女性は、意外にも多くいます。

デリケートゾーンが臭う原因は、汚れだけではありません。

しっかりケアしているつもりが、汚れを取ろうと強くこすってしまい、薄くデリケートな皮膚を痛めているケースはよくあります。

あなたも、いつものお風呂での行動を振り返ってみてください。

大事なデリケートゾーンを、市販のボディソープで洗ってはいませんか?

さらに、体を洗うボディタオルで、デリケートゾーンまでも一緒に洗っている人も、きっといますよね。

しかし、デリケートゾーンはそんな、些細な事で傷つき、いや~な臭いを発生させてしまうのです。

あなたも、デリケートゾーンの臭いを気にしているなら、今からご紹介する、正しいデリケートゾーンのケア方法を、ぜひ実践してみてください。

きっと、あのいや~な臭いは、改善させるはずです。


デリケートゾーンの臭いは正しい洗い方で改善!

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果なし?

デリケートゾーンの臭いは、正しい洗い方で改善することができます。

正しい洗い方を知らないと、臭いの原因である雑菌や汚れが、残ったままになったり、逆に洗いすぎて、臭いを抑えてくれる大事な菌まで、洗い流してしまう事になります。

しっかり正しいデリケートゾーンのケア方法を知り、臭いによる憂鬱を無くしましょう。

デリケートゾーンのケアをする時のポイントは、下記の2点です。

デリケートゾーンのケア方法ポイント

  • 指の腹を使って優しく洗う
  • 前方から後方に向かって洗う

デリケートゾーンの皮膚は、まぶたよりも薄いと言われています。

さらに、粘膜も多いので、ボディタオルなどの摩擦を受けると、簡単に傷が付いてしまいます。

ですが、デリケートゾーンには、細かく入り込んだ部分があり、垢や汚れが溜まりやすいので、シャワーで軽く流す程度では、汚れを落とすことはできません。

デリケートゾーンを洗う時は、指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。

基本的には、前方から後方に向かって洗うイメージです。

まずはアンダーヘア、次に通称クリトリスと呼ばれる陰核へと続き、最後にお尻を洗います。

特にアンダーヘアは、尿やおりものが絡まりやすいので、しっかり洗いましょう。

陰核から肛門にかけては、直接見ながら洗うのが難しいので、鏡を使って確認しながら行うのもおすすめですよ。

陰核のひだや溝には、汚れが溜まりやすいので、こすらないように注意しながらも、丁寧に汚れを落としましょう。

最後は、ぬるま湯程度のお湯で、しっかり洗い流し完了です。

デリケートゾーンの洗い方の注意点:膣内は洗わない

汚れが気になる人もいるかもしれませんが、膣内は常に弱酸性に保たれているので、病気の原因菌や雑菌が繁殖することは、滅多にありません。

逆に、膣内を市販の石鹸やボディソープで洗うことによって、常在菌という体を守っている菌を殺してしまう事になります。

以前は、膣内もしっかり洗った方が良い、ということも言われていましたが、体が本来持っている抵抗力を落としてしまう事になるので、絶対に洗わないようにしましょう。


デリケートゾーン専用のソープとは?

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果なし?

デリケートゾーン専用ソープを使うのも、臭い対策にはおすすめですよ。

あなたは、デリケートゾーン専用ソープというものをご存知ですか?

最近では、臭い対策として、デリケートゾーン専用ソープを愛用する人も増えており、私もネットで存在を知り、愛用している1人です。

市販のボディソープに比べると、価格が高価なデリケートゾーン専用ソープですが、一体なにが市販の石鹸やボディソープと違うのか、よくわからないと言う人も、多いのではないでしょうか?

そこで、デリケートゾーン専用ソープと、市販のボディソープの違いを、ご紹介したいと思います。

市販のボディソープには無い、デリケートゾーン専用ソープの特徴をまとめてみました。

【デリケートゾーン専用ソープの特徴:お肌と同じ弱酸性】

市販のボディソープや石鹸の多くは、アルカリ性なので、お肌にとって負担となり、黒ずみや臭いの原因となります。

ボディソープを使った時にしみたり、お肌が乾燥してしまうことはありませんか?

シミたりお肌が乾燥することも、アルカリ性によってお肌に負担がかかっていることが原因です。

また、市販のボディソープや石鹸は、大事な常在菌まで洗い流してしまうので、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

対して、デリケートゾーン専用ソープは、お肌と同じ弱酸性なので、常在菌も残しつつ、汚れを落とすことができます。

お肌に負担をかけない理由は、弱酸性にあったのです。

【デリケートゾーン専用ソープの特徴:デリケートゾーンの臭い抑制効果がある】

市販のボディソープや石鹸は、香料を多く配合することで、体の臭いをごまかすことはできますが、根本的な臭いの原因を改善することはできません。

デリケートゾーン専用ソープには、「ジャウム」や「アロエ」など、臭いを抑えたり、かゆみを抑える効果のある、自然の成分を配合しています。

よって、デリケートゾーンの臭いの原因に、しっかり働きかけることができるのです。

【デリケートゾーン専用ソープの特徴:低刺激・無添加】

デリケートゾーン専用ソープは、敏感なお肌に使用することを前提に、作られています。

なので、無添加や低刺激にこだわり、余分なものは入っていません。

対して、市販のボディソープや石鹸は、香料や保存料が多く配合されています。

敏感なデリケートゾーンに使うと、お肌に負担となることは、誰でもわかりますよね?

以上の違いを見ると、市販のボディソープをデリケートゾーンに使うことが、どれほどお肌の負担となるのかが、よくわかると思います。

今まで市販のボディソープを使っていた人は、今からでも遅くはありませんので、デリケートゾーン専用ソープに、切り替えることをおすすめします。

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は効果なし?

私も、以前は市販のボディソープが、デリケートゾーンの臭いの原因になるということを知らず、デリケートゾーンにも普通に使っていました。

しかし、市販のボディソープが、デリケートゾーンに与える負担が、どれほど大きいかを知り、それ以降デリケートゾーン専用ソープを使うようになりました。

市販のボディソープに比べると、確かに値段は高いですが、あのイヤな臭いがしない体になれただけで、お金を払う価値はあると思います。

すぐに解決できる方法があるのですから、どうにかしたいと思ったその時に、取り掛かった方が、後から絶対に良かったと思えますよ。

あなたは、デリケートゾーンの臭いという悩みを抱えて、これから先も生きていくつもりですか?

正しいデリケートゾーンのケアを行い、臭いを気にすることのない、楽しい毎日を送りましょう!

デリケートゾーンの正しいケアは石鹸から!
口コミで話題の【医薬部外品】デリケートゾーン専用ソープ

デリケートゾーンの臭いに市販の石鹸は

 

ABOUTこの記事をかいた人

kaori Shiraishi

京都府出身、美容ライター。
20代後半で結婚、翌年に出産を経験して、体型を戻すことに苦労する。過度のダイエットで体調を崩したり、リバウンドをしたり、肌荒れが酷くなった経験を元に、健康的な美人を目指す生活を実践。3年かけて出産前の体重を下回ることに成功。その後、肌荒れ改善や独自の美容論を実践して、美容ライターに転身する。